本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > しごと・市民活動
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   家庭防災員とは何ですか
回答
【制度について】
 自助、共助、公助の視点に立ち、自助から始まり地域防災の担い手にも繋げる研修制度です。
 
【家庭防災員になるのには】
 市内に在住の方が対象となり、性別は問いません。
 各自治会・町内会長からの推薦により、研修に参加していただきます。

【研修】
 消防局予防課と各区消防署が実施します。
 防火研修(出火防止、避難要領など)、救急研修(救命処置要領など)、地震研修(地震への備えなど)、風水害研修(風水害の知識など)、災害図上訓練(DIG(ディグ))があります。 平日昼間以外の研修もあり、できるだけ身近な場所で研修を行います。また、研修中に小さいお子さんをお預かりする「一時託児制度」もありますので安心して参加できます。 

 問合せ先 【消防局予防課】 (TEL 334−6406)
      【各消防署予防課】 
      受付時間 午前8時45分〜午後5時15分

<関連ホームページ>
横浜市消防局ホームページ

Q&A番号:1407
Q&Aよくある質問集 > しごと・市民活動

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.