本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   店舗の照明がまぶしいのだが、なにか対策を取ってもらう方法はないか。
回答
 照明がまぶしい等の「光害」について、照明を使用している事業者等を規制する法律・条例等はありませんが、環境省において、屋外照明の過度な使用等による「光害」に対する良好な環境照明のための「光害対策ガイドライン」を策定しています。(平成10年策定、平成18年改訂)

光害苦情があった場合には、このガイドラインに基づき事業者の了解を前提とした指導を行う場合があります。
 本市では、大規模小売店舗立地法に基づき大型店舗が市内に進出する場合などには、事前協議の中でこの「ガイドライン」の趣旨に沿った対応を求めています。

屋外広告物に該当する場合、「屋外広告物条例」で照明装置等の使用基準が定められている場合があります。
屋外広告物についてくわしくは、都市整備局景観調整課(電話:671-2648)へお問合せください。

問い合わせ先

【環境創造局大気・音環境課 騒音相談担当】TEL 671-2483
市役所本庁舎となり、関内中央ビル8F

<関連ホームページ>
よくある苦情・相談について

Q&A番号:1455
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.