本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 都市計画
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   建物を建てるときの駐車場設置について、きまりはありますか?
回答
 横浜市駐車場条例により、建物の用途と建てる場所の用途地域や地区によって、延べ床面積が一定を超えますと乗用車、荷さばき車、自動二輪車の駐車場の設置について義務があります。

(1)市街化調整区域、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域では、駐車場条例の対象にはなりません。
(2)乗用車駐車場について、駐車場整備地区又は商業地域若しくは近隣商業地域では、特定用途と呼ばれる店舗、事務所、倉庫、工場などの延べ床面積と、非特定用途と呼ばれる診療所や老人ホームなどの延べ床面積の半分を合計して1000平方メートルを超えた場合に駐車場設置義務があります。また、それ以外の用途地域では、特定用途の延べ床面積が 2000平方メートルを超えた場合に駐車場設置義務があります。
(3)荷さばき駐車場について、駐車場整備地区又は商業地域若しくは近隣商業地域のみ対象となり、特定用途の延べ床面積が3000平方メートルを超えた場合に駐車場設置義務があります。ただし、敷地面積が1000平方メートル未満の場合は、適用になりません。
(4)自動二輪車駐車場について、駐車場整備地区又は商業地域若しくは近隣商業地域のみ対象となり、特定用途の延べ床面積が1000平方メートルを超えた場合に駐車場設置義務があります。
(5)共同住宅、長屋、寄宿舎及び下宿については、横浜市建築基準条例により乗用車の駐車場設置を義務付けておりますので、横浜市駐車場条例の対象にはなりません。

  詳しくは関連ホームページをご覧ください。
  
  問合せ先 【都市整備局都市交通部都市交通課】 (TEL 045-671-3853)

<関連ホームページ>
横浜市駐車場条例:附置義務駐車場

Q&A番号:1668
Q&Aよくある質問集 > 都市計画

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.