本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 税金
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   医療費控除の申請はどこでやるのですか。添付資料は、何が必要ですか。
回答
自分自身や家族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。 医療費控除の対象となる医療費の要件は、(1) 納税者が、自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。(2) その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。です。また、医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万)です。 (実際に支払った医療費の合計額−保険金などで補てんされる金額)−10万円(注)   (注)その年の所得金額の合計額が200万円未満の人は所得金額の5% 医療費控除を受けるためには、医療費控除に関する事項を記載した確定申告書をお住まいの区を所轄する税務署に提出してください。 その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、提示することが必要です。 また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も付けてください。また、還付金を振り込む口座番号等の情報や認印も必要となります。 なお、給与所得者(サラリーマン)で年末調整をされている方の医療費控除の申告については、2月16日から3月15日までの期間はお住まいの区の区役所でも受け付けていますのでご利用ください(土・日は除く)。 

<関連ホームページ>
国税庁ホームページ

Q&A番号:23828
Q&Aよくある質問集 > 税金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.