本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   婚姻届について、どのように記入するのですか。
回答
婚姻届の主な記入欄の書き方は、次のとおりです。

提出先及び持参書類等は、別項目を参照してください。

(1)届出人について・夫・妻が旧姓で署名、押印してください。・未成年の方については、男性18歳、女性は16歳以上の方が婚姻届をすることができます。・未成年の方(20歳未満の方)が届出人となっている場合は、父母の同意が必要となります。(届書のその他欄に婚姻に同意する旨と父母それぞれの署名・押印をしてください。署名・押印ができない場合は、「区役所戸籍課戸籍担当」に確認してください。)

(2)証人について・届出人以外の成年の方2人により、署名・押印してください。(家族・仲人夫婦等、同じ氏の方が証人の場合は、それぞれ異なった印鑑で押印してください。)・外国で成立した婚姻について届出をする場合は、必要ありません。

(3)婚姻後の夫婦の氏・新しい本籍欄・婚姻後の氏については、夫又は妻の氏のどちらにするか、選択してください。(選択した氏の人が婚姻後の新しい戸籍の筆頭者になります。)・両方の氏(夫婦別姓)を選択することはできません。・選択した氏の人がすでに戸籍の筆頭者となっているときは、新本籍の欄を記入しないでください。・新しい本籍は、日本国内であれば、どこの場所でも本籍地とすることができます。(夫婦が別々の場所を本籍地とすることはできません。)・外国籍の方と婚姻し、外国籍の方の氏を名乗る場合は、氏の変更の届を別途する必要があります。(婚姻届だけでは氏を変更することはできません。)

(4)父母の氏名、父母との続柄欄・実父母の氏名及び実父母との続柄を記載してください。(養父母の氏名及び養父母のとの続柄は、その他欄に記載してください。)

(5)本籍欄・婚姻前の本籍地及び戸籍筆頭者の方の氏名を記載してください。

(6)住所欄・現在、住民登録をしている住所を記載してください。・婚姻届と同時に住所等を変更される方は、届書に新しい住所を記入し、同時に住所変更に関する届出をしてください。(婚姻届だけで住所を変更することはできません。住所変更の届出については、区役所開庁時間のみの取扱いになります。詳しくは、「区役所戸籍課登録担当」に確認してください。)問合せ先は関連ホームページを参照してください。

<関連ホームページ>
各区役所戸籍課戸籍担当連絡先一覧

Q&A番号:159
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.