本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   婚姻、離婚などの届出を勝手にされるおそれがあるので、届を受理しないようにすることはできますか。
回答
不受理申出書を「区役所戸籍課戸籍担当」に提出していただくことによって、自ら窓口に出頭して届け出たことを確認することができない限り、届出を受理(受付)しないようにすることができます。

ご持参していただくものや提出先については、次のとおりです。

(1)対象となる届出
・婚姻・離婚・養子縁組・養子離縁・認知の各届
・転籍など他の届は対象外です。

(2)不受理の申出人となる方
・対象となる届出をする意思がない方でその届出がされた場合に届出人となる方
・申し出される方(申出人)本人の出頭が必要です。(入院中等の理由により、申出人が出頭できない場合には「区役所戸籍課戸籍担当」にご相談ください。)
・届出人とならない方(届出人の両親などの第三者の方)から不受理の申し出をすることはできません。

(3)申し出により、不受理の扱いとすることができる期間
・不受理申出の取下げをするなど、効力が失効しない限り期間の制限はありません。

(4)持参するもの
・不受理申出書 1通(申出書は全国共通です。)(区役所戸籍課戸籍担当で不受理申出書の用紙をお渡ししています。市役所、行政サービスコーナーでは、お取扱いしていません。)
・本人確認を行いますので、写真付きの本人確認書類(運転免許証、パスポート、写真付きの住民基本台帳カードなど)の提示が必要です。なお、本人確認書類が国民健康保険証など写真付きでない場合等には、さらに別の本人確認書類の提示やご質問をさせていただく場合もあります。

(5)不受理申出書の提出先について
・申出人の本籍がある区の「区役所戸籍課戸籍担当」となります。(行政サービスコーナー及び市役所ではお取扱いできません。)
・本籍地以外の区でも提出は可能です。
・郵便による提出はできません。(国外在住の方が申し出する場合には「区役所戸籍課戸籍担当」にご相談ください。)

(6)不受理の申出が不要となった場合
・不受理の申出が不要となった場合は、不受理の取り下げの申出書をご提出いただく必要があります。(不受理取り下げ手続きの詳細については「区役所戸籍課戸籍担当」にご確認ください。)

問合せ先は関連ホームページを参照してください。

<関連ホームページ>
各区役所戸籍課登録担当連絡先一覧

Q&A番号:170
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.